和服の買取相場ってどのくらい?

和服,買取,相場

着なくなった和服は、「捨ててしまわずに売る」という人が増えています。

 

でも、あまりにも安い値段で買い取られてしまっては、和服がもったいないですよね。
和服は価値あるものですから、少しでも高い値段で買い取ってもらいたいものです。

 

では、和服の買取価格の相場とは、どのくらいになるのでしょうか。

 

ここでは、和服の買取価格の相場や、買取額をあげるためのコツについてお話します。

 

和服の買取相場ってどのくらい?

ではまず、和服の買取相場がいくらくらいになるのかを見ていきましょう。

 

和服の買取価格は、種類によって大分違ってきます。

 

訪問着や振袖

例えば、訪問着や振袖の場合は、10,000円前後〜40,000円台が相場のようです。

 

やはり、訪問着や振袖は華やかな和服である上に、正式な場所にも着て行けるものです。
そのため、価値が高いものとみなされ、買取価格が高くなるのですね。

 

付け下げ

付け下げの場合は、8,000円台〜10,000円台前半くらいの価格が相場です。

 

留袖の場合は、黒留袖・色留袖共に、4,000円台〜10,000円台前半くらいになります。

 

普段着にしている和服

ところが、普段着の和服になると、買取価格がかなり下がってきます

 

小紋は5,000円前後が相場ですが、ものによっては1,000円以下になることもあります。

 

但し、普段着であっても、紬の場合は高級着物の扱いなので、30,000〜50,000円台というケースもあります。

 

色無地

又、普段着ではないものの、色無地の場合も、買取価格が下がるようです。

 

色無地の買取価格相場は、2,000円台〜5,000円台くらいになります。

 

買取相場に違いがあるのはなぜ?

では、同じ種類の和服でも、なぜ価格帯に開きがあるのでしょうか。

 

状態が良いかどうか

1つ目の理由は、「和服の状態が良いかどうか」という点です。
価値ある和服であっても、シミがあったり、生地が傷んでいたりすると価値が下がってしまいます。

 

でも、保存状態が良く、新品同然であれば、高い値段で買い取ってもらえます。

 

流行物か作家物か

2つ目の理由は、「流行のブランドや有名作家のものであるかどうか」です。

 

和服も洋服同様、流行がありますし、著名な着物作家による和服もあります。
このような和服の場合、市場価値が高いものとして扱われるので、高値がつくことが多いです。

 

更に、状態も良ければ、かなり高い金額で買い取ってもらえる可能性があります。
又、流行ではないけれど、先ほどお話した紬のように、価値ある伝統工芸品の場合も同様です。

 

和服の買取額をあげるためのコツとは?

和服,買取,相場

さて、せっかく和服を売るなら、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。
そこで、和服の買取額をあげるためのコツについてお話していきます。

 

証明書と共に売る

1つ目のコツは、伝統工芸品や作家のものの場合は、証明書と共に売るということです。
先ほどもお話したように、伝統工芸品や一流作家の和服は高値がつくことが多いです。

 

でも、それを証明できなければ、残念ながら価値をわかってもらうことはできません。
なので、この場合は、必ず証明書と共に売るようにしましょう。

 

きれいに保存しておく

2つ目のコツは、「着物を少しでもきれいに保存しておく」ということです。
どんなに価値ある和服でも、状態が悪ければ、一気に買取額が落ちてしまいます。

 

特に、シミやほころび・カビがあると、買取額が大幅に変わってきます。
なので、定期的に和服の状態をチェックしながら、丁寧に保存してください。

 

又、カビや虫がつかないように、こまめに除湿をすることも大切です。

 

着物専門の買取業者に売る

3つ目のコツは、「必ず着物専門の買取業者に売る」ということです。
リサイクルショップや古着店・オークションは、基本的にはオススメできません。

 

なぜかと言うと、着物専門の査定業者がいないので、価値をわかってもらえないからです。
でも、着物専門の買取業者であれば、査定のプロが常駐しているので、価値をしっかりわかってもらえますよ。

 

まとめ

和服,買取,相場

和服は、種類によっても買取額が変わりますし、和服の状態によっても変わります。

 

又、価値ある伝統工芸品や一流作家・ブランドの場合は、高値がつくケースが多いです。
和服を高く売るためには、和服の保存状態を良くしておくこと・専門の業者に売ることがポイントです。

 

更に、伝統工芸品や作家もの・ブランドものは、証明書も一緒に提出するようにしましょう。

 

参考:和服買取なら>>